厚生労働省からのお知らせで、平成30年5月以降は、雇用保険被保険者資格取得届などマイナンバーの記載が必要な届出等について、マイナンバーの記載がない場合には、返戻するとアナウンスされています。

 

厚生労働省リーフレット「雇用保険手続の際には必ずマイナンバーの届出をお願いします」

 

これまでも義務ではあったのですが、実際に窓口に出すときまたは電子申請をするときに、無記載であっても受理されていました。

しかし今後は「返戻する」と言っ切っているので、絶対に記載しなければならなくなりました。

 

対象は、雇用保険被保険者資格取得届や資格喪失届など頻度の多い手続が含まれていますので注意が必要です。

 

万が一本人からマイナンバーの提出を拒否されたときはさすがに書かなくて良いのですが、その場合は備考欄に「本人事由によりマイナンバー届出不可」と書かなくてはならなくなりました。

 

マイナンバーの写しを預かった場合は会社で一定期間保管する義務や、それが漏えいしないように厳重に管理する義務が会社に生じます。

 

余計なリスクを背負わないことも経営に必要なことです。社労士へまだ委託されていない事業主様は、これを機に労働保険社会保険や給与計算の委託のご検討をお勧めします

 

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll Up