東京商工会議所が行っている「健康経営アドバイザー」(初級)の資格を取得しました!

 

 「健康経営」というのは、経営戦略の一環として従業員の「健康」を維持することに投資して、会社の業績を上げようという考えです。

 

 今まではどちらかというと、福利厚生のためとか、会社の安全配慮義務を果たすためという理由で、「コスト」として従業員の健康維持に費用をかける考えの会社が多かったと思いますが、「健康経営」は従業員のパフォーマンスを上げれば会社の売上がアップするという、まさに「投資」として健康にお金をかけるというやり方です。

 

 「健康経営アドバイザー」は、こうした健康経営を知らない企業に対して、健康経営の必要性を伝え実施にきっかけを作ることと、健康経営に取り組もうとする企業に情報提供や支援を行う資格です。

 

 特に小規模事業所では、大企業に比べて元々優秀な人を獲得しにくいので、従業員をいかに「育てる」かが重要な要素になります。経営戦略として「ヒト」にどれくらい、どのように投資していくかが会社の売上アップの鍵になると言っても過言ではないでしょう。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll Up