新型コロナウイルスに対する企業の対応などをまとめたQ&Aが、厚生労働省から出ています。

例えばこういったことが書かれています。

 

感染が疑われる方については、どのようにすればよいのでしょうか。

新型コロナウイルスに関連して労働者を休業させる場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

新型コロナウイルスへの感染が疑われる方について、休業手当の支払いは必要ですか。

労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。休業手当の支払いは必要ですか。

新型コロナウイルスに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取り扱いは、労働基準法上問題はありませんか。病気休暇を取得したこととする場合はどのようになりますか。

 

※ Q&Aはこちらより

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

 

感染拡大が続く中、仮に職場で感染者が出たらどう対応するのかと考えている経営者・ご担当者も多いでしょう。

今からQ&Aを確認しておくことをお勧めします。

 

なお厚生労働省では電話相談窓口を設置しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09151.html

札幌市民は

専用相談窓口 011‐632‐4567(午前9時~午後9時)

その他の道民は

北海道地域保健課 011‐204‐5020(平日午後5時半~午後9時、土日祝午前9時~午後9時)

Scroll Up