新型コロナウイルスに係る小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話をするため、契約した仕事ができなくなっている個人事業主への支援策が発表されました。

 

小学校等の臨時休業に対応する保護者支援(個人で仕事をする方向け)

 

●対象者

①又は②の子どもの世話を行うことが必要となった保護者であって、一定の要件を満たす方。

①新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業等した小学校等(※)に通う子ども

※小学校等:小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等

②新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども

 

●一定の要件

・個人で就業する予定であった場合

・業務委託契約等に 基づく業務遂行等に対して報酬が支払われており、発注者から一定の指定を受けているなどの場合

 

●支援額:就業できなかった日について、

1 日当たり 4,100円(定額)

 

●適用日:令和2年2月27日~3月31日

※春休み等、学校が開校する予定のなかった日等は除く。

 

※制度の詳細については、追って公表

 

このような内容になっています。

個人事業主といっても、独りで仕事をしているフリーランスから、ただ法人化していないだけで大規模な事業を営んでいる方まで対象にするのか、疑問が多い内容であり、見切り発車感が否めませんが、細かい話は置いといてとにかく休んでくださいという政府の意向が感じられます。

Scroll Up