事務所代表 熊谷綜合労務事務所  代表 熊谷知直

熊谷綜合労務事務所 代表
特定社会保険労務士
熊谷 知直

メディア掲載

○労働ADRの取材記事が

北海道新聞に掲載されました

  doshin20130604_s

 北海道新聞社許諾

 D1307-1310-00009136

 

 

 

 

 

札幌の社会保険労務士事務所 熊谷綜合労務事務所のブログ

キャリアアップ助成金(正社員化コース)が厳格化されます

カテゴリ: 助成金    投稿日:2018.01.31

 ここ数年、助成金で最もよく使われてきたと言われる「キャリアアップ助成金(正社員化コース)」が、今年4月から大幅に要件が厳格化されることがわかりました。

 

 新たに追加された要件とは、正規雇用等へ転換した際、「転換前6ヶ月と転換後6ヶ月の賃金を比較し、5%以上増額していること」というものです。

 

 これまでは、例えば契約社員を正社員に転換した場合、雇用期間の定めが有期から無期になること以外の労働条件が変わっていなくても申請出来たのですが、賃金増という要件が加わることで使いにくくなり、申請数が大きく減ることが予想されます。

 

※賃金増とは、基本給と諸手当の合計。ただし通勤手当や残業手当、固定残業手当、歩合給等は含まない。また賞与は就業規則などに支給時期・支給対象者が明記されている場合のみ含めるとのことで、「支給することがある」程度の表記では含められないものと思われます。

 

 その他、「有期契約からの転換の場合は、対象者が転換前に事業主に雇用されていた期間が3年以下に限ること」という要件も加わります。

 

 かつてブームと言えるほど使われた「人材育成コース」が一昨年から厳格化されほとんど使われなくなったのに続き、「正社員化コース」も改悪されたことで、ここ数年の助成金市場を牽引してきたキャリアアップ助成金は大きな曲がり角を迎え、助成金冬の時代を象徴していると言えます。

 

 中小企業にとって助成金は慈雨となるものでしたが、これからは本当に当てには出来ず、本業の稼ぎのみで事業を継続していくことを考えなければならないでしょう。

 本業の体力を強化するには「社員を稼げる戦力にする」ことが不可欠です。弊所は「人材の活性化」を通じて中小企業の業績向上に貢献していきます。

 社員の教育、人材活性化でお困りの中小企業様はご相談ください。

 

ページの上へ