今年、損害保険大手のAIGが全国転勤制度を廃止したことが話題になりましたが、最近は転勤なしを求人のアピールに入れる会社が増えてきてる印象がありますね。

職を探す人も転勤なしの会社を希望する傾向が高まっているので、人手不足対策というのが大きな理由だと思われます。

転勤なしの会社を希望する一番の理由は、「家族がいるから」でしょう。では、未婚の若い人が転勤なしを希望するのは何故なのか?

転勤なしの会社を希望する理由のひとつに、「濃い人間関係(人脈)を作った方が何かと有利」という声がありました。果たしてそうなのか?

個人的には、若いうちは鍵をかけずに、勤務地も人間関係も制限なくいろいろと経験した方が良いと思います。

自分が生まれ育った土地だけでしか生活してないと、絶対に視野が狭くなります。視野の狭さは、これからのビジネスマンに求められる「創造力」の欠如に繋がります。

人間関係も、新たな出会いのチャンスを逃すことになります。

若いうちにいろんな経験を積んで、家族を持つようになり落ち着きたくなったら、転勤なしの仕事に変えれば良いだけのことです。

(全国転勤ありの会社で働いてきた経験からも、そう思います)

会社側が転勤なし制度に傾くのは、人手不足対策で仕方ないところはありますが、これから社会に出る学生なんかが最初から勤務地限定の会社を希望するのはあまりにも寂しく、「近視眼的」になっている気がします。

介護など特殊事情があれば別ですが、自分の職業キャリアを長い目で考えておくことを勧めたいと思います。

Scroll Up