注目の働き方改革関連法案が今日(5月31日)、衆議院で可決されました。

 与党は当初29日の可決を目指していましたが、衆議院厚生労働委員会で強行可決されたことに野党が反発したことから、2日の審議が追加されていました。

 立憲民主党などの野党は引き続き高度プロフェッショナル制度の廃案を参議院で求めていく構えですが、今国会での成立が確実な情勢になってきました。

 

 成立すると労働法の歴史の中でもかなり大きな改正であり、企業の大小問わず労務管理に大きな影響を及ぼします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

Scroll Up