新型コロナウイルスの影響を受けている中小企業や個人事業者に、最大200万円の現金を給付する制度が設けられます。

「持続化給付金」といい、今後12月までに売上が大きく減少する場合も対象となり、政府は来月中の給付開始を目指すとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012374071000.html

新型コロナウイルス感染症の影響により売上が前年同月比で50%以上減少している法人や個人事業者が対象で、法人は200万円、個人事業者やフリーランスは100万円を上限に、現金が給付されます。

算出方法は次の通りとされています。

給付額:前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▼50%月の売上×12ヶ月)

担当官庁は中小企業庁で、詳細な条件や申請方法などについては、決定次第速やかに公表するとされています。

該当しそうな事業主様は申請を検討してみてください。

Scroll Up