事務所代表 熊谷綜合労務事務所  代表 熊谷知直

熊谷綜合労務事務所 代表
特定社会保険労務士
熊谷 知直

メディア掲載

○労働ADRの取材記事が

北海道新聞に掲載されました

  doshin20130604_s

 北海道新聞社許諾

 D1307-1310-00009136

 

 

 

 

 

札幌の社会保険労務士事務所 熊谷綜合労務事務所のブログ

「労務診断ドック」を受けませんか?

カテゴリ: ご案内    投稿日:2017.11.09

 全国社会保険労務士会連合会が、概ね従業員50人未満の事業所を対象とした「労務診断ドック」という取り組みを始めました。

 

 これは、この取り組みに賛同した社労士(以下「診断社労士」という)が、無料で企業を訪問し労働環境の実情をお聞きし、企業内の「働き方改革」に向けたポイントを共有するというものです。労基署が行うような法令違反の臨検ではなく、「もっとより良い職場にするためにはどうしたら良いか」の「気づき」を事業主様と共有するものです。

 

 この診断を受けることで、連合会のホームページ内の特設サイトに企業名と所在都道府県を掲載することが出来、より良い職場づくりに取り組んでいる企業だというアピールをすることが出来ます。

 

 「診断」も「掲載」も無料となっています。

 

 

労務診断ドックの流れ

 

① 「診断社労士」に「診断」を依頼

 

② 「診断社労士」が事業所を訪問し、無料で「診断」を実施

 「働き方改革取り組み宣言シート」を用いて、企業の労働環境の実情を診断します。所要時間は30分ほどです。

 ☆ポイント 宣言シートに回答することで、自社の労働環境の改革のポイントに気づくことができます。

 

③ 社労士会連合会の特設サイトに企業名を掲載

 同ページに掲載することで、「人を大切にする企業」だというアピールが出来ます。

 

 

診断項目の一例

・残業や休日出勤を命じるために必要な届出(36協定)を締結・提出している

・年1回の健康診断を実施している

・就業規則に育児・介護に関する定めがある

・子育てや介護のためにやむを得ず退職した従業員がいない。若しくは今後業務分担の見直しを行い、育児や介護の休業が取得しやすい環境整備に向けた取組を行う予定である

・正社員への登用制度がある       ・・・など

 

 

 まだ掲載事業所は少ないようですが、少ないうちに掲載した方が目立つかもしれません。

 弊所は「診断社労士」となっておりますので、ご興味のある事業所様はお気軽にご連絡ください!

 

 

 

全国社会保険労務士会連合会の「労務診断ドック」のページ

https://www.shakaihokenroumushi.jp/organization/tabid/576/Default.aspx

 

 

ページの上へ